子育てする女性に注目の福利厚生制度

看護業界は他の業界と違って、女性が多く勤務する職場です。そのため、他の業界よりも子育てと仕事の両立が難しいという事が言われています。確かに、看護の業界は残業なども多く子供を預けながらの仕事にもなるためお金も多くかかってきてしまいます。

しかし、会社によっては福利厚生でその悩みを解消してくれる制度を設けている場合があり、その一例として以下の二点の制度を挙げることができます。まず一点目は出産祝金制度です。この制度は、子供が生まれた際に子育ての補助金として祝い金を会社から受け取れる制度です。この制度の特徴は、多くの会社で子供の数が増えていくにしたがって受け取る事ができる金額が増えていくという事です。

そのため、子供を出産するたびに多くの金額を受け取る事ができるため子育てに伴った多額の金額の負担を緩和することができます。勤続年数など受け取る条件はいくつかありますが、この制度は子育てをしながら働く女性にとって嬉しい福利厚生といえるでしょう。

次に二点目は家族手当になります。この制度は、子育ての支援のために会社側が子供一人当たり一定の金額を給料とは関係なく支給してくれる制度です。年間を通して一定の額を受け取れる事や、子供一人当たりで支給してくれるためかなりの額を受け取れる事から、子育てにかかってくるいろいろなお金の負担を軽減することに役立ちます。そのため家族手当も子育てをしながら働く女性にとっては嬉しい福利厚生といえます。